墓
石材加工 文字 はか
墓石 田畠石材 はかいし
字掘り
墓石クリーニング
墓石 大野 墓石 可部 広島 墓石 墓石 大竹 墓石 宮島 安佐北区 石材 お墓
お墓のリフォーム デザイン墓
墓苑
洋墓 石材店
銘石
墓石セット 霊園
クリーニング
石 彫刻
お墓のQ&A
施工 御影石
石材店のご利用
石種 加工
お墓のかたち
彫刻 図面
見積もり
法名 花立
改葬

広島市 墓

三重台

四重台(角)

四重台(丸)

四重台(蓮華)
自然石

地上納骨タイプ

デザイン墓
広島市 墓
   
お墓はいつ建てるとよいですか?
   
好きな形でお墓を建ててもよいのですか?
   
お墓の価格は何で決まるのですか?
   
最近よく耳にする寿陵(じゅりょう)とはなんですか?
   
墓石の善し悪しが分からず建墓に不安があるのですが?
   
お盆に家族そろってお墓参りをするのは何故ですか?
   
お彼岸には、どんな意味があるのですか?
 
お墓はいつ建てるとよいですか?
 仏教では過去、現在、未来を元に考えます。これを合わせて三世(さんぜ)といいます。もっとも大切なのは、現在だとしています。現在に全力を注き、努力することか生きている者の務めだと説いています。来世ではなく、今、生きている人を墓本にした仏教本来の考えでは、お墓をいつ達てたら良いという決まりはありません。大切なのは、建てる時期ではなく、供養の気持ちです。最近では生前に建てる方も多いようです。思いたったが吉日で良いと思います。
   

Q&A目次へ

好きな形でお墓を建ててもよいのですか?
 お墓のカタチに関する決まりはありません。お墓は来世の自分の家でもあります。建てる人の感性や価値観に合った、その人らしいデザインの墓石も良いと思います。これまでは、お墓は祖先や故人の霊を慰める供養のためのものでした。ところが、寿陵が増えた今では、人びとは生前に自分自身でお墓を建てます。こうした建墓者は、画一的な従来の和型三段墓よりも、自分らしさを大切にしたオリジナルデザインのお墓を求める傾向にあります。お墓にも個性化の時代が来たということでしょうか。
   

Q&A目次へ

お墓の価格は何で決まるのですか?

 石の種類、サイズ、デザインや加工の仕方で決まります。石は天然の物で、生産調整ができません。生産量が少なく需要が多ければ稀少価値としてプレミアがつき高くなり、逆に生産量の多い石は比較的安価になります。ですから石質が悪いから安い、良いから高い、とはいちがいには言えません。加工面では、石は重くて硬いものですから、四角に切るのと丸くするのとでもコストは違います。高価なお墓をつくれば良いというものでもありません。ご予算に応じて建てられたら良いと思います。
当店ではおよそ40万~200万までの幅です。(例外としてより高価な墓もあります)

   

Q&A目次へ

最近よく耳にする寿陵(じゅりょう)とはなんですか?
 生前にお墓を建てることを寿陵と言います。戒名や建立者の文字が朱色のお墓を見かけられたら、それが寿陵です。現在では、場所によって寿陵の占める割合が70%以上の霊園もあるそうです。今、寿陵が増えているのは、日本が世界一の長寿国になったことにも関係があると思われます。かつての日本人は生きることに精一杯で、自分の死後を考える余裕などなかったわけです。寿陵の増加は、人ひとが来世を考えるゆとりを持ち始めたということで、豊かな文化のバロメーターでもあります。
   

Q&A目次へ

墓石の善し悪しが分からず建墓に不安があるのですが?
 お墓は一生に一度あるかないかの高価な買い物です。そして、何代にも渡って受け継がれていく大切なものです。ところが普段なじみのない商品ですから、分かりにくい部分が多いですね。当社では、メンテナンスやアフターサービスも万全ですので、ご安心頂けると思います。
   

Q&A目次へ

 
お盆に家族そろってお墓参りをするのは何故ですか?
 お盆はお墓にいらっしゃるご先祖様をわが家にお迎えし、家族と共に過ごす行事です。ですから、ご家族そろってお墓参りをして、ご先祖様をお迎えするための迎え火を、お墓の灯明からいただいてくるという慣習が昔からあるんですね。お盆の初日にはぜひ一家そろってお墓参りをして、お墓の精霊を心よりお迎えしましよう。お墓は家族の和をつくり、仲良く暮らすためにも大切なものですね。
   

Q&A目次へ

 
お彼岸には、どんな意味があるのですか?
 この世の「此岸(しがん)」に対して、あの世を「彼岸」と言います。お彼岸は、この世にいる家族がお墓に手を合わせ、あの世の近親者に心を通わせる大切な行事です。よく「暑さ寒さも彼岸まで」と言います。これは、農耕生活にとって重要な季節の変わり目に「此岸・彼岸」を重ね合わせ、暮らしと同時に心のターニング・ポイントとして、生きる原点を見直したのです。お彼岸は、農耕民族であり、四季のはっきりした国に住み、厚い仏教信仰と祖先を尊ぶ日本人の知恵が生んだ行事なのです
   

Q&A目次へ